伝える 動かす

セブンシーズンカラーズでは、様々なプレゼンテーションレッスンの機会があります。
人前で、考えをまとめて話すことは、ドレーピングやメイクアップと同様「慣れ」が必要です。

もうひとつドレーピングやメイクアップと似ている点があります。

1.それは相手のことを真剣に考えること。

2.相手を変えることを意識すること。

3.相手の行動を促すことを意識すること。

1は、ドレーピングやメイクアップは、相手のことを真剣に考えることで、その方の輝きを引き出すベストカラーやメイクアップを導き出すことができます。
プレゼンテーションの場合も、聞き手のことをよく考える事で、聞いている人に必要な表現や理解を促す工夫ができるようになります。

2は、ドレーピングやメイクアップなら相手の外見が変える事、プレゼンテーションの場合は、相手の心を揺り動かすこと。
なんらかの感情を沸きあがらせると共に、話し手と同じ絵を頭の中に描かせることです。

3は、2によって心を動かした相手が、なんらかの行動をするという影響力を持つこと。
似あう色や美しいメイクアップを手に入れた人がその瞬間から行動が変わるように、あなたの話を聞いた人が、何かを試してみたり、あなたに対して興味をもちアプローチしたりといった行動にでること。

そのためには、ある程度のテクニックも必要です。

次回へつづく~
by colorbeauty | 2008-07-21 00:32 | 身につけるスキル


カラーコンサルタント イメージコンサルタントを目指す方へ パーソナルカラーや色をお仕事にするための情報を提供


by colorbeauty

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る